読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大バルクハウゼン効果/複合磁気ワイヤ

大バルクハウゼン効果
磁性体が磁化する時に、内部の磁壁(微小な磁石単位の境界)が一度に移動してしまう現象。
極めて短時間に磁化方向が反転する。複合磁気ワイヤなどの限られた材料で見られる。
通常の磁性体では、磁壁の移動が不連続なので、磁化が徐々に進行し、この効果は見られない。

複合磁気ワイヤ
鉄・コバルト・バナジュウム合金を約 0.3mm 以下の細線にしたもの。
特殊加工によりワイヤ内部の磁気特性分布を変化させ、磁石に近い特性と、磁気を通しやすい
特性を1本のワイヤ内に作ってある。大バルクハウゼン効果を生じさせることができる。

シムズ理論

「消費税の増税を延期せよ」という。その目的は「インフレを起こして政府債務を踏み倒す」
これはざっくり言えば、物価目標を達成するには金融政策では限界があるとして、財政支出を拡大し、増税は先送りして、国民に「政府は債務を返済できない」と不安がらせ、返済しきれない分を物価上昇で穴埋めする、という考え方です。つまり、政府の無責任によって国の信用を低下させ、通貨価値を下落させることで物価を押し上げようというものです。
シムズ教授の理論は、「物価水準の財政理論(Fiscal Theory of Price Level=FTPL)」と呼ばれ、デフレやインフレは金融政策だけでなく、財政政策が決めるという主張だとされる。財政支出拡大→個人や企業が将来の財政悪化を予測→貨幣価値が下落→インフレ――という経路で物価上昇につながる流れだ。

財政支出の拡大というと、ケインズ政策と同じではないかと誤解されがちだが、理屈は異なる。ケインズは、不況の時に減税・歳出拡大、好況の時に増税・歳出カットすると考えるが、FTPLは、国の借金の返済原資が足りない場合、増税ではなく、インフレで借金を「返す」という考えだ。例えば借金の半額しか返済原資がなければ、100%のインフレで原資の額面を2倍にすれば返せるという理屈だ。ポイントは、政府が、「増税ではなく、インフレで(借金を)帳消しにすると宣言すること」

精進落としの挨拶

[初め]
本日はお忙しいところ、最後までお見送りいただきまして誠にありがとうございました。
おかげさまで滞りなく葬儀を済ませることができました。
ささやかではございますが、精進落としのお膳をご用意いたしましたので、父の思い出話でもしながら召し上がっていただければと存じます。
どうぞ、お時間の許す限り、ごゆっくりおくつろぎください。

[終わり]
本日はお忙しい中、また遠方よりお越しの方もおられる中、お時間頂戴しましてありがとうございました。
これにて、お開きとさせて頂きたく存じます。
父がいなくなって寂しくはなりますが、遺された家族一同助けあっていきたいと思いますので、どうかこれからも変わらぬご支援のほどよろしくお願い申し上げます。
本日は誠にありがとうございました。

葬式の挨拶

本日はお忙しいところ、父○○の葬儀にご会葬くださり誠にありがとうございます。
皆様から心のこもったお別れの挨拶を賜り、故人もさぞかし喜んでいると存じます。
生前中のご厚誼に、厚く御礼申し上げます。
私どもは未熟ではありますが、故人の教えを守り、精進していく所存です。今後とも故人同様、ご指導、ご鞭撻いただけますことをお願い申し上げます。
本日は誠にありがとうございました。

電子消費者契約法および特定商取引法

電子消費者契約法および特定商取引法という二つの法律により、ワンクリックでの契約は無効です。前者は、消費者に契約申し込みの意思がなかった場合や、契約内容を間違えた場合において、内容に間違いがないかの確認・訂正ができる過程を示さないで行われた契約は無効とするもの。つまり一度のクリックだけで契約は確定しません。
後者は、ボタンクリックが有料の申し込みになることを表示していない場合と、申込内容の確認と訂正ができる措置がないことを禁止し、また販売価格を始めとする取引の諸条件を表示する義務を示し、これらのルールが守られていない契約を無効とするものです。つまり、有料であることがはっきり分かり、申込内容の訂正や確認ができ、また契約の条件がちゃんと表示されていない契約は無効である、ということです。

ブロー成形 パリソン parison バリソン

ブロー成形を行なうのに必要なものは、容器のもとになるプラスチックの筒状のパリソンと金型だ。仕組みは極めてシンプルで、パリソンを金型ではさみこみ上から空気を入れてふくらませるだけ。

押し出し機で熱したプラスチックをパリソンと言われる形状にして金型に入れる。その後空気を吹き込んで膨らませることで金型に合わせた容器の形状になるといわけだ。いわば風船を型にはめて膨らませるようなイメージを持ってもらうとわかりやすい。

スタバ サイズ

スターバックスのコーヒーのサイズと量は現在、日本では4種類あります。
一般的に一番小さいサイズを表すSサイズにあたるのがスタバだとShort(読み方:ショート)。
MサイズがTall(読み方:トール)
LサイズがGrande(読み方:グランデ)
LLサイズがVenti(読み方:ベンティ)です。
アメリカのスタバでは、LLサイズよりも大きい
Trenta(読み方:トレンタ)というサイズも販売されているそう。
それぞれ何語かというと、
ショート(Short)とトール(Tall)は英語でグランデ(Grande)とベンティ(Venti)とトレンタ(Trenta)はイタリア語です。
ではなぜ、サイズ名に英語とイタリア語が混在しているかというと、
スタバのCEO(最高経営責任者ハワード・シュルツ氏がイタリア流の飲み方に大きく影響を受けたからなんだとか。
スタバではエスプレッソをメインとしたコーヒーの飲み方が人気ですが、エスプレッソはイタリアが発祥と言われ、実際イタリアではエスプレッソが最も多く飲まれています。
スタバのサイズに英語とイタリア語を取り入れているのは、ハワード・シュルツ氏が、このイタリアの飲み方に敬意を表しての事だそうですよ。